初めての方のためのカリフォルニアディズニーランドリゾート120%楽しむ方法

カリフォルニアディズニーランド

「さあ!カリフォルニアディズニーランドリゾートへ旅行計画を立てよう」

まず何から準備を始めようか?
アメリカへ行く前にやるべきことって何?
カリフォルニアディズニーランドってどんなところ?
アトラクションやパレードって・・・?
お土産はどんなのがあるの?

カリフォルニアディズニーランドリゾートを思う存分楽しむためには、旅行前の事前準備が大切になってくるはず。
これを読めば、思う存分楽しめること間違いなし♪

パスポートの有効期限がOKなだけではダメ!残存日数は大丈夫⁇

パスポートの残存日数って何日ありますか?
パスポートの有効期限内であれば、ギリギリでも大丈夫⁈なんてことはありません‼️

海外へ渡航する際は行き先によって違いますが、有効期限まで残存日数が○○日以上ないと出入国が出来ない決まりがあります‼️

アメリカであれば、入国日時から90日以上残存日数がないといけません。
国によっては半年以上というところも。

パスポートは申請や更新をしてすぐに受け取れるわけではありません。
「海外へ旅行へ行こう‼️」と思ったら、まずはパスポートの有効期限と国ごとの必要な残存日数の確認をしましょう〜

パスポートだけじゃダメ、ESTAの申請をしよう!

アメリカに入国するには「ESTA]と呼ばれる「電子渡航認証システム」が必要になります。
90日以内の旅行をする際に必要で、アメリカ・ハワイ・グアムも必要となります。

最低でも72時間前までには申請を済ましておくべきとされていますが、もし何か不具合があった際に対応する時間も考え1週間でも1ヶ月前でも早めに申請を済ませておくのが安心。
私たちは渡航日の1ヶ月前に申請。
認証完了メールが届いたら、ESTAにログインし印刷してパスポートとセットにしておきました。

1度ESTAを申請すると2年間有効(パスポートの期限が有効であれば)となります。
でも念の為に、2度目の旅行の際には申請期限が大丈夫か確認をしてくださいね。

約5分ほどで終わる申請ですが、全て慣れない英語入力です。
でも、安心してください‼️説明文は日本語でした♪

ESTA申請の際に手元に準備するもの

・パスポート
・クレジットカード(申請手数料がかかります)
・アメリカでの滞在先住所と電話番号(ホテルなど)
・現在もしくは直近の勤務先住所
・パソコン

また、私たちはパソコンでESTAの申請をし一発で完了。
しかし友人はスマートフォンで申請し10回ほど試みたようですが失敗に終わり・・・パソコンで申請をしたら一発で完了できたと言っていました。
スマートフォンだとなんで出来ないんでしょうか?不思議。

スマートフォンやタブレットではなく、出来るだけパソコンでESTAの申請をすることをオススメします♪

↓領事館公式サイトに詳しく書いてあります
https://jp.usembassy.gov/ja/visas-ja/visa-waiver-program-ja/esta-information-ja/

カリフォルニアディズニーランドリゾートって何日必要?

カリフォルニアディズニーランドリゾートには、2つのパークと大きなショッピング施設?があります。

カリフォルニアディズニーランドリゾートの種類

●ディズニーランド・パーク
世界初のディズニーランド。
カリフォルニアにしかないアトラクションもありますが、日本と同じアトラクションも多数あるので違いを体験してみるのもオススメ!
また、スター・ウォーズ・ギャラクシー・エッジがオープン。

●ディズニー・カリフォルニア・アドベンチャー・パーク
大地や緑を感じられるカリフォルニアの大自然をテーマにしたパーク。
アトラクションやエンターテイメント、日本にはないアトラクションが盛りだくさん♪

●ダウンタウン・ディズニー
パークを出てもディズニーを感じるショッピングモール。
大きなディズニーストア・ライブ・ダイニングなど、パークで遊んだあとも立ち寄りたいスポット。

上記の3つを思う存分楽しみたいのならば3日間は必須。

私たちの7伯5日の旅行プランを紹介

・1日目
13:00頃に空港に到着し、レンタカーで移動。
サンタモニカに立ち寄って夕日を見てから「ディズニーランド・ホテル」にチェックイン。
ダウンタウンディズニーへウィンドウショッピングもかねてお散歩。

・2日目
ディズニーランド・パーク
キャラクターダイニングでの朝食

・3日目
ディズニー・カリフォルニア・アドベンチャー・パーク
ダウンタウンディズニーでお土産を買い足しショッピング。

・4日目
朝食をキャラクターダイニングで楽しんだ後、ハリウッドとグリフィス天文台へ

・5日目
のんびりした朝を過ごし、早めに空港へ行き、免税店でショッピング。
15:30にアメリカとはさよなら(^ ^)

東京ディズニーランドほど、アトラクションやグリーティングの待ち時間が長くないのでスムーズに周れます。
カリフォルニアディズニーの2つのパークは東京ディズニーランドに比べると、やや広め?に感じたかなぁ?
各パーク1日で十分満喫できました。
滞在に余裕がある方は、両方のパークを行き来できるチケットもあるので、3日間でも良いかもですね♪
最低でも6泊4日は必要です‼️

航空券とホテルを予約しよう

より快適な旅行をするのであれば、メインの移動手段である飛行機と身体を休めるための宿泊先ホテルも重要になります。

航空券はいつ買う?どこの航空会社が良い?

航空券はどのタイミングで買うとよいか?が難しいところ。
早ければ早いほど安い印象もありますが、海外へ行くとなると値段が変動することも。

9月にカリフォルニアディズニーランドリゾートへ行きましたが、購入したのは5月。
昨年の11月頃よりちょくちょくチェックしていましたが、1月頃よりも安く購入することが出来ました‼️

ロサンゼルス空港までとなると、決して安くない飛行機代。
でも、約10時間以上も飛行機の中に缶詰となるので、少しでも快適な航空会社を予約したいですよね〜

それで、オススメなのがエアライン・オブ・ザ・イヤーでも毎年1、2位を争う「シンガポール航空」が断然オススメ‼️
サービスはもちろん、料理・映画などのラインナップなども大満足なうえ、シーズンにもよると思いますが、どの航空会社よりもお値打ちでした‼️

評判も高いCAさんの制服も可愛いかった♪

ホテルはやっぱりディズニーランド直営がオススメ?!

ホテルはどこが良いの?と聞かれるとやっぱりディズニーランド直営ホテルをオススメします‼️

●ディズニーランド・ホテル
世界初のディズニー直営ホテルで3つのテーマにあわせた棟からなります。
キャラクターダイニングも、日本でも大人気のグーフィーズキッチンがあります‼️

●ディズニー・グランド・カリフォルニアん・ホテル
カリフォルニアアドベンチャー・パーク内にあるので、アクセス抜群‼️
そして3つの中で一番新しいホテルとなり、ビクトリア朝様式となるので高級感あるホテルです。

●ディズニー・パラダイス・ピア・ホテル
カリフォルニアの陽気な明るい雰囲気にぴったりのホテル。
明るくて開放的なので、お子様連れのファミリーにはぴったり♪

この3つの直営ホテルからは歩いて5分〜15分ほどと好立地。
朝早くからスタンバイするにはアクセス抜群の直営ホテルがやっぱり良いかな?

また、各ホテルで行われているキャラクターダイニングで朝からテンションMAXなこと間違いなしです^ ^
パークだけでなくホテルでもディズニーに囲まれて、ホント夢の国でした(笑)

アメリカに持っていくと良い持ち物は?

海外に行くとなると国内旅行に比べて持っていく物が自然と増えますよね(笑)

実際に持って行った持ち物を紹介

パスポート、パスポートコピー、ESTA印刷用紙、チケット(航空券やディズニーパークチケット、ホテル予約証明など)、お財布2つ、着替え、長袖の上着、帽子、サングラス、充電器、携帯バッテリー、ティッシュ、ハンカチ、除菌シート、薬、日焼け止め、ヘアーアイロン、歯ブラシ、パジャマ、レジャーシート、ボールペン、スリッパ、クッション(飛行機内)、エコバッグ、インスタント味噌汁

かな?
上記のものが全て必要か?と言われるとそうではありませんが、この中でもあると便利だったものをお伝えします‼️

あると便利だった持ち物

●チケットなどの印刷物
ESTA申請を印刷して持っていきましたが出番はなかったです。
ホテルや航空券など英語が堪能ではない方は、見せるだけで伝わるので印刷して持っていくと便利かも?

●長袖の上着
私たちの旅行季節は夏から秋へと移り変わる季節でしたが、お昼は30℃以上と日差しが強く、カラッとした暑さで夜はぐっと10℃ほど気温が下がります。
夜に備えて上着が一枚あると安心。

●サングラス
ほぼ毎日快晴で、日本とは違った太陽の光の強さと乾燥がありました。
眩しい光に強い方ではないので日中サングラスが必要でしたが、友人はサングラスなしでも快適だったようです。
何人か日本人を見かけましたが、サングラスをしていた人は少なかったように感じました。

●除菌シート
パーク内でのセルフメインの飲食店では、こまめにテーブルが拭かれている印象はなかったので、サッと拭いてから利用するのが安心です。

●歯ブラシとスリッパ
日本国内では当たり前に備わっている物ですが、海外ではそれがスタンダードではありません。
今までのアメリカで滞在した宿泊ホテルは、ディズニーランドホテル、ベラージオ、マリオットホテル、ルネッサンスホテルなど泊まりましたがどこもこの2つは無かったです。
ホテルについて靴を脱いで開放されたい方は、スリッパが必要ですね。

●インスタント味噌汁
長く滞在する人はより必須となってくる日本食。
ホテルにはポットが置いてあるので、お湯を沸かして味噌汁を食べることができますよ♪
味噌汁があったからこそ、カリフォルニアのご飯がどれも美味しく頂けた気がします‼️

人それぞれ必要な持ち物って違いますよね〜
友人は日本の物必須‼️と言って、爽健美茶・緑茶・お吸い物・味噌汁も持ってきてました(笑)
帰りにはなくなるものばかりなので、そのスペースにお土産を詰め込んで帰ってこれますね。

アメリカのドル札っていくら両替するべき?

500ドルほど持って行きましたが、100ドルぐらいしか使っていません(笑)

チップの支払いは飲食店であればクレジットカード支払いと一緒に含めて支払えます。
でも、ホテルのルームメイド・ベルボーイなどには現金でのチップ支払い。
滞在日数にもよりますが100ドル〜200ドルは必要かな?

基本、ほぼクレジットカードが使えるところばかりです。
ディズニーランドのみの旅行であれば、確実にホテルでのチップしか現金は使いませんね。
ただディズニーランド以外にも観光をする場合、クレジットカードのスキミングを心配するような場所であれば現金で支払った方が安心ですね。

また、クレジットカードですがVisa、JCB、MasterCardなど、違うブランドのクレジットカードを2つ以上持っていくようにしましょう♪
MasterCardとAmericanexpressが使えない場所があり、使う予定のなかったJCBを使う場面があったので出来るだけ違うブランドのクレジットカードを持っていくことをオススメします‼️

wifiの用意は必要?

キャリアがSoftbankの方は、「アメリカ放題」があるのでwifiがなくても携帯の利用が可能
左上の電波表示が「Softbank」からアメリカで利用すると「sprint」に自動的に変わります。
(念の為、アメリカへいく前にアメリカ放題が適用されるか確認しましたよ〜)

日本に比べて無料でwifiが繋がる場所が多いですが、必要な方は利用する空港のwifiレンタルで事前予約したり、自身の利用しているキャリアでのオプションプランを活用しましょう♪

カリフォルニアディズニーランドリゾートの計画を立てよう

カリフォルニアディズニーランドリゾートをよりスムーズに楽しむためには、事前調査も必須となります♪

パークチケットの購入

パークチケットの購入は、当日のチケットブース、ディズニーランド公式ホームページ、ミッキーネットなど様々な購入方法があります。

オススメなのは私たちも利用したミッキーネットでの購入。
2日間以上のパークチケットしか申し込みができませんが、ディズニーランド公式ホームページよりお値打ちにチケットを購入することが出来ます。
アメリカのディズニー社公認の代理店なので安心して利用できます。

ディズニーランドホテルとパークチケットとセットで、ミッキーネットさんで予約させて頂きました。
わからないことはメールで質問すると迅速に対応して頂けるので、初めての方もそうでない方もミッキーネットさんがオススメです♪

You are being redirected...
Disneyland Theme Park Tickets in Anaheim, California | Disneyland Resort
Explore the magic of Disneyland Park and Disney California Adventure Park with the purchase of Disneyland theme park tickets!

キャラクターダイニングは絶対行くべき!

カリフォルニアでのキャラクターダイニングは全部で5つあります。

●ディズニーランド・パーク内にある「プラザ・イン」
様々なディズニーの仲間たちに出会えます。
ウォルト・ディズニーもよく利用していた歴史あるレストランとなります。

●ディズニー・グランド・カリフォルニアン・ホテル&スパ内にある「ストーリーテラー・カフェ」
高級感あるシックなデザインのストーリーテラーカフェは、探検隊のような衣装のミッキーと仲間たちに出会えます。
今回、利用させて頂いたキャラクターダイニングの1つです。

●ディズニー・グランド・カリフォルニアン・ホテル&スパ内にある「ナパ・ローズ」
ディズニープリンセスに出会えるナパローズは、木曜日から月曜日の朝食限定となります。
ナパローズが高級レストランのため、他のキャラクターダイニングよりお値段も高めとなります。

●ディズニー・パラダイス・ビア・ホテル内にある「ディズニーPCHグリル」
主役がドナルドのレストランのディズニーPCHホテルは、ドナルド好きにはたまらないキャラクターダイニング。
アロハシャツで爽やかな衣装のキャラクターたちに出会えます。

●ディズニーランド・ホテル内にある「グーフィーズキッチン」
シェフ姿のグーフィーが主役のグーフィーズキッチン。
ミッキーには出会えませんが、シェフ姿の仲間たちが音楽に合わせて踊りながら登場します。
今回、利用させて頂いたもう1つのキャラクターダイニングとなります。

日本のキャラクターダイニングは、予約を取るのも困難な人気ぶり。
カリフォルニアディズニーでは、日本ほどの人気ぶりはないのかな?キャラクターたちとゆっくり写真を取ることができました‼︎
グリーティング天国でした(笑)
ホテルに宿泊しなくても利用できるので、キャラクターダイニングは絶対利用することをオススメします‼︎

乗るべきアトラクションは?

「東京ディズニーでも楽しめるアトラクション」と「カリフォルニアディズニーにしかないアトラクション」の違いかな?と思います。
カリフォルニアでしか楽しめないアトラクションを優先するか?
日本と同じアトラクションにのって、違いを楽しむか?

ん〜〜d( ̄  ̄)どちらの楽しみ方もオススメです‼️
当日スムーズに周れるように事前にチェックして、乗りたい乗り物に乗るのが良いのかな?と思います。
ただ、東京ディズニーランドに比べて激しいアトラクションが多いような気がします。
絶叫系が苦手な方は注意してチョイスしてみてね♪

キャラクターグリーティング

日本ほど長蛇の列は出来ないので、ぜひ好きなキャラクターとの写真を撮って楽しんで頂きたい‼️
キャラクターグリーティングが行われている近くに専門スタッフさんが立っています。
そのスタッフさんに声をかけて「〇〇が何時にどこに登場予定か?」聞くと教えてくれます。
日本って教えてくれるのかな?

登場時刻とキャラクターがわかるので、効率よく遊べますよ〜^ – ^

ショーとパレード

ディズニーランド・パークでは、東京ディズニーランドと同様「エレクトリカルパレード」が行われます。
ディズニー・カリフォルニア・アドベンチャー・パークでは、ミッキーの観覧車をバッグに色彩豊かで豪華な「ワールド・オブ・カラー」が楽しめます。

「ワールド・オブ・カラー」をゆっくりイイ場所で見るには…なんと、イイ場所で見るためのエリアはファストバスがあるんです‼
日本だと、ショーをイイ場所で見るには抽選・もしくは何時間も前から待機となるけど、ファストパス発見ができるんです‼
もちろん、ファストパスは一番に「ワールド・オブ・カラー」を取りに行きましたよ~

開園後から決まったタイムスケジュールでショーやパレードが行われます。
事前にタイムスケジュールを確認しておくことをオススメします♪

カリフォルニアのディズニーランドもアドベンチャーパークの両パークのパレードとも、とってもダイナミックで楽しい1日を締めくくるにピッタリのパレードです‼️
でも、英語がそんなに堪能ではないので話していることがあまり理解できず。
言語が理解できないのが原因でもありますが、「東京ディズニーランドのパレードってやっぱりすごいな‼️」と思いました(^ ^)

そして、パレードは日本とは違いレジャーシートを引いて何時間も前から待つなんて人は、まずいなかったですよ〜

レストラン

レストランでゆっくりとランチやディナーを味わいたい方は、事前に予約しておくことをオススメします‼️
日本同様、キャラクターダイニングだけでなくパーク内のレストランも予約可能。
食べ歩きも良いですが、身体を休めながら食事するのもオススメですね♪

グルメ

パークで遊ぶ醍醐味でもある、食べ歩きに最適のグルメも盛りだくさん♪
チュロス・ホットドッグ・ピザ・アイスクリームなど日本でもみかけるような食べ物がありました。
ただ、ポップコーンは日本に比べると味の種類も店舗も少ないかな?

カリフォルニアはメキシコに近いせいもあって辛いソースを使った料理が多く感じました。
辛い料理が苦手な方は気をつけて注文してくださいね‼️

お土産

世界中のディズニーランドで一番お土産を買うのって、日本人がNO1なんだとか・・・。
日本人って、お土産だけでなくコレクターもいますしね。

カリフォルニアディズニーのグッズは、お土産というよりは自分に買う商品をメインとされているように感じました。
バラ撒き用のお土産なんて無く、圧倒的に帽子やTシャツなどの衣類が多い‼️
食べ物のお土産類も日本の3分の1ぐらいしか種類がないんじゃないか⁉︎ぐらいの感覚です。

「ディズニー好き‼️」という方へのお土産はやっぱりディズニーが良いかもですが、そうでない方へのディズニーでのお土産は値段もまぁまぁするので空港などでも良いかもですね?

空港からの交通手段は?

空港からカリフォルニアのディズニーランド・パークへのアクセスは、「シャトルバス」「Uver 」「タクシー」「レンタカー」「電車」があります。

私たちはレンタカーを借りての移動手段を選びました。
難しい印象のある国際免許ですが、とっても簡単に取得できるんです‼️
レンタカーも事前に予約しておくと値段もお手頃なので、大きなキャリーケースだったので移動が楽でした〜

私たちはカリフォルニアディズニー以外の観光もあったのでレンタカーを選択しましたが、カリフォルニアディズニーのみであったらUverを選択したかな〜( ^ω^ )
Uverであれば事前に料金がわかるので安心だし、人数によっては1人料金が安くなるので良いかなって思います。

海外旅行傷害保険はクレジットカード付帯で充分!

何かあった時の為に、課外保険に入っておいた方が安心。
クレジットカードに自動で付帯している海外旅行障害保険で十分ではないかと思います。

クレジットカードの種類によって補償内容は変わりますが、死亡、怪我、病気、携行品の紛失などが対象となる保険ではないでしょうか?
また、クレジットカードを複数枚持っている方は、補償の内容によって合算した金額を受け取ることが出来ます。

クレジットカード付帯の海外保険を利用する場合に注意すべきことは、「自動付帯」「利用付帯」どちらなのか確認が必要。
自動付帯であれば、携帯していればOK。
利用付帯の海外保険である場合、そのカードで旅行代金や交通費の支払いをする必要があります。(利用付帯にも様々な条件があるので確認が必要)

海外へ行く際は、海外傷害保険についてクレジットカード会社に問い合わせましょう〜

公式アプリをインストールする裏技

東京ディズニーランドにも公式アプリがあるように、カリフォルニアディズニーランドパークにも公式アプリがあります。
公式アプリではパークのマップ、ショーのスケージュル、アトラクションの待ち時間が確認できるのでとっても便利♪

また、「マックスパス」というアプリ内のサービスがとって有料だけどとってもコスパの良いサービスがあります。
アプリ内からファストパスの取得、グリーティングで専門カメラマンが撮影した写真の無制限ダウンロード。

カリフォルニアディズニーの公式アプリは事前に取得してからパークに入るとスムーズにより楽しめること間違いないですね( ◠‿◠ )
ただ、日本のアプリストアにはカリフォルニアディズニーの公式アプリが登録されていないため、通常のダウンロード方法では取得できません。

詳しいダウンロード方法については別途紹介します( ^∀^)

空港へは余裕を持って3時間前には到着すべし!

飛行機に乗る際、「国内線は1時間前」「国際線は2時間前」とよく耳にしますよね。
でも、海外旅行へ行くのであれば空港へは最低でも3時間がベスト‼️

チェックインと荷物預け入れ

航空会社によって違いますが、事前にオンラインチェックイン、当日空港カウンターでのチェックインなど方法があります。
事前にオンラインチェックインであれば当日は荷物を預けるだけなのでスムーズですが、当日空港カウンターについて自分でチェックイン手続きをすることになったら・・・。

自分はシンガポール航空で事前に2週間前よりオンラインチェックインが可能なので、好きな時にゆっくりとチェックインが出来ました。
ただ、海外の航空会社なので全て英語入力というのが大変でしたね。

そして、チェックイン方法が違うのにびっくり‼️

旦那さんは行きがユナイテッド航空、帰りはANAでしたが、航空会社によってチェックイン方法が違ったようです。
行きのユナイテッド航空は空港カウンターの横に、自身でチェックインする機械が置いてあります。
そして入力は全て英語入力なので、情報をスマホで検索&見ながらパネルに入力しなければならないので、少し時間がかかっていました。
帰りのANAは、空港カウンターで荷物預け入れの窓口と合わせてチェックインをしてくれたようです。

慣れない英語入力を自身でチェックインする場合、荷物預け入れの列に並ぶことを考えると時間に余裕を持って空港へ向かった方がよいと思います。

免税店での買い物

時間に余裕を持って空港へ向かい早めに保安検査所を通過すれば、免税店での買い物が出来ます‼️
荷物が増えるのが嫌だからと帰国の際に購入を検討していても、やはり日本の空港でしか買えないものが多くあります。
ロサンゼルス国際空港では、日本に比べてタバコの種類がとても少ないので自身の吸っているタバコがどこの空港でも買えるというわけではないようです。
また、ブランド物も取り扱っている商品に多少の違いがあるようでした。

免税店で欲しい‼️と思ったら買うことをお勧めします♪
その際、国によって持ち込める数に制限があるので、事前に調べたり買う際にスタッフさんに確認して購入してくださいね。

ビーフジャーキー禁止

日本語OKスタッフさんがいる

コメント

  1. […] […]

タイトルとURLをコピーしました